認知症診断助成制度(神戸モデル)第2段階医療機関になりました

2020年7月 7日

いわゆる認知症検診(第1段階)で認知症疑い「あり」と判定された方の精密検査を行います。第1段階を受診され認知症の疑い「あり」とされた方は、第2段階で精密検査(健康保険)の受診費用に神戸市の助成制度が使えます(窓口でお支払い後に助成金の申請が必要)。このたび第2段階実施医療機関となり、当院で一貫した認知症の診断や治療を受けていただくことが可能になります。

(注)脳のMRI / CT等の画像検査は、連携頂いている近隣の病院で施行いただくことになります。

▲ ページトップへ戻る